ストレッチとヨガって違うのか

ストレッチとヨガって違うのでしょうか。
どちらも同じような運動のように見えますが、何かが異なるのでしょうか。

ストレットとヨガって運動の目的が違います。

ストレッチは運動の前や後に行います。
目的は、体を柔らかくすることです。
いつでも、どこでも気軽に思いついたらすることができます。

一方で、ヨガは体幹を鍛えて体のバランスを良くするのです。
ヨガも体を柔らかくしますが、同時に筋肉も鍛えられます。
呼吸方法やポーズを学びながらした方が効果的ですので、ストレッチと比べると気軽にいつでも出来ません。
また、ヨガの呼吸方法は体を温める効果もあります。
同時に心身のバランスも整えることができます。
ヨガは肩こりや腰痛の改善や内臓の機能などに効果が期待できるのもストレッチとは異なります。

最近ではホットヨガというのも見られるようになりました。

このようにストレッチとヨガは同じように見える所がありますが、目的が異なるのと、運動の後の効果が異なります。
運動の前後に体をほぐすのならストレッチを行い、体幹を鍛え体のバランスや心身のバランスを整えるならヨガを行うのがよいということになります。
あなたの、運動の目的などに応じて、最適な運動を選択してゆくのがいいのではないでしょうか。

ストレートネック向けの枕で人気のある商品はどれか