水はとっても貴重です

水はとっても貴重です。
水には淡水と海水などがありますが、貴重なのは淡水のほうです。
人間は海水は飲めませんので、体に取り入れることが出来るのは淡水です。

地球には水がたくさんありますが、その約97%が海水です。
人間が飲める淡水はわずか約3%ほどしかありません。
水の星に住んでいるとはいえ、水、とくに淡水が貴重なのです。

海水などが蒸発して雲になり、地上に雨や雪となって降ります。
水蒸気は塩分を含んでいませんので、雨や雪は淡水です。
雨などが川に流れ込んだり、地下水になることによって人間は淡水を利用することができます。

そんな貴重な淡水ですが、地下水や北極や南極や山間部で凍っているものを除くと人間が使える淡水は3%ではなく、それを大幅に下回る数値となります。
海水を簡単に大量に淡水に出来る装置が開発されれば別ですが、そうで無い限り本当に淡水は貴重な資源なのです。
また、近年では環境破壊や汚染によって貴重な淡水が汚れています。

淡水が不足すると水資源が豊富な国や地域はまだよいかもしれませんが、水資源が乏しい国や地域では将来大問題になるかもしれません。

水は貴重と言われていますが、このように数値で把握するとそのセリフの実感が湧いてきますね。

バナジウムが入った【天然水のウォーターサーバー】はコレ